講座カレンダー

特別講演会 第二弾 「華麗なるフランス宮廷美術 ―ブルボン王朝とヴェルサイユ宮殿をめぐって」 

マリー・アントワネットが愛した、装飾美術の世界。

18世紀ヴェルサイユ宮殿に咲いた一輪のバラ、マリー・アントワネット。
ウィーンのハプスブルク家出身のこの皇女は、1770年、フランス・ブルボン王朝5代目の国王としてその後即位するルイ16世と結婚します。ヴェルサイユ宮殿で華やぎに満ちた日々を過ごしていた王妃は、その後フランス革命の波にのまれ、悲劇の最期をとげました。
この講演では、「華麗なるフランス宮廷の美」の象徴ともいえる王妃マリー・アントワネットの生涯に光をあてつつ、ヴェルサイユ宮殿を舞台に繰り広げられたブルボン王朝の栄光から没落までの壮大な歴史について、美術作品を通じて紐解いていきます。ブルボン王家に仕えた芸術家たちが織りなす、絵画やタピスリーなどの装飾美術からなる美の世界を堪能しましょう。


■講師  小林亜起子 (東京藝術大学講師)
パリ第十大学学士・修士課程修了。ローザンヌ大学博士課程留学後、東京藝術大学大学院博士課程修了。博士(美術)。現在、同大学講師。専門は近世フランス美術と装飾芸術。著書:『ロココを織る』(中央公論美術出版)、Arachné. Un regard critique sur l‘histoire de la tapisserie(共著:Presses Universitaires de Rennes)ほか。






       7月開講講座の先着受付            
5 月 24日(木)9:00~
・定員を超過して受け付けをおこなう場合もございます。
・お申し込みボタンは、受け付けスタート時より表示されます。
・その他の事項については、「講座のお申し込みに関する注意事項」をご確認ください。


講座実施日 7月29日(日)
時間 14:00~16:00
会場 ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室1
回数 全1回
受講料 800円
定員 40名

■講座についてのお問合せ
電話 049-249-1186
Mail entry@westa-kawagoe.jp
Mailでのお問合せは、講座名・お名前・ご連絡先をご明記ください。

NeCST All Rights Reserved.