講座カレンダー

ミュージックラボ DTM (デスクトップミュージック)

ミュージックラボ DTM (デスクトップミュージック)

マルチスピーカーシステムによるサウンドインスタレーションの体験

ミュージックラボ第三弾では16個ものスピーカーを使ったサウンドインスタレーションをおこないます。
楽器を演奏したことがない方、音楽をつくったことがない方にお楽しみいただける欲張りなプログラムです。ワークショップではコンピュータを使い、自分でみつけた音で、自分だけの音づくりをします。スペシャルライブでは実際につくった音を空間に放ってみましょう。一人イヤフォンで聴いていたときと、みんなで聴くときではどんなふうに違って響くのでしょうか。電子音響音楽の作曲・演奏のベテランによるライブも予定しており、「音楽」と「空間」の世界を深く掘り下げていきます。映像、写真、サウンド・アートをはじめ、メディアアートや現代美術の博物館・研究機関であるドイツのカールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター(ZKM)でも制作と研究をおこなっている柴山拓郎氏のインスタレーション作品「Imaginary Sphere」も見逃せません。すでに音にまつわるお仕事をされている方や、映像制作をされている方、空間デザインをされている方もぜひご参加ください。ものづくりの新たな視点と発想を発見できる場を共に体験しましょう。



10/27(土) サウンドモンタージュワークショップ -コンピュータでヘンテコな音楽を作ろうー
[持ち物] 1.ステレオミニプラグのヘッドフォンまたはイヤフォン。2.なにか音を出せるもの(鍋・ヤカン等々日常的な物品の音をたたいたり擦ったりして音を出します)

10/28(日) トーク・レクチャー「空間と音響 / 環境」、スペシャルライブ、マルチスピーカーシステム実演体験
※トーク・レクチャーの演題は予告なく変更になる場合がございます。ライブなどの詳細につきましては追ってお知らせいたします。


■講師 柴山拓郎(作曲家、サウンドアーティスト)

1971年東京生まれ。東京音楽大学・同大学院修了後、東京芸術大学大学院美術研究科後期博士課程(先端芸術表現領域)修了。作品は、オランダ、スロベニア、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカなど各国で上演・展示されている。2007年からSaitama Muse Forum(SMF)の立ち上げに参画し、多くのワークショップやシンポジウムを企画・制作。2015年電子音響ピープルプロジェクトを立ち上げ、多様な人々と共にコンピュータを用いた実験的な音楽を共創する活動を展開している。2017年文化庁新進芸術家海外研修員としてカールスルーエメディアアートセンター (ZKM) で研究と制作を行い、2018年6月末、同センターにおいて講演と個展コンサートの実施およびサウンドインスタレーションの展示を行った。現在、東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系准教授のほか、国際基督教大学非常勤講師を兼任。


※こちらの講座は抽選期間が終了し、先着受付へ移行しています。抽選エントリー後、担当者からお手続きのご連絡をいたします。

講座実施日 10月27日(土)10月28日(日)
時間 13:00~18:00
会場 ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室3
回数 全2回
受講料 【27日】1,000円【28日】500円
定員 【27日】 10名 【28日】 20名

講座に申し込む

お申し込みは以下からも受け付けています。
ウェスタ川越1階 総合案内 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)
FAX 049-249-1180
Mail entry@westa-kawagoe.jp

  • ミュージックラボ DTM (デスクトップミュージック)
  • PDFファイルをダウンロード

■講座についてのお問合せ
電話 049-249-1186
Mail entry@westa-kawagoe.jp
Mailでのお問合せは、講座名・お名前・ご連絡先をご明記ください。

NeCST All Rights Reserved.