講座カレンダー

特別講演会 第一弾「人工知能には何ができないか -人間の歴史、哲学、心理から考える-」

日本での3回目の人工知能ブームにも、一段落がつきました。
今後も、人間が行ってきた様々な作業が自動化されていくでしょう。

振り返ってみれば、人間は自分達が作った人工物や理論を使って自分達自身を理解しようとしてきています。
人間の心と体もある種の機械であると考えて、医学は発達してきました。
しかし、今回の人工知能技術の進展に呼応した形で、人間の理解は進んでいるのでしょうか?

人工知能がどういう経緯をたどって現在どのようなものであるのかに加えて、
人間自身の歴史、哲学、そして心理から、人工知能と人間の違いと関係について、みなさんと一緒に
考えてみたいと思います。
   
■講 師 高橋達二(東京電機大学准教授・ドワンゴ人工知能研究所協力研究員)



<お申し込み>
3月25日(月)9:00 より先着受付開始
※たくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。キャンセル待ちも受付を終了いたしました。(2019年5月7日 時点)
受け付けスタート時、ページ下部に表示されるボタン「お申し込みはこちら」のフォームよりお申し込みください。
※フォーム送信後に受付内容とお手続きに関する自動返信メールが届かない場合はご連絡ください。
※お申し込みはメール(entry@westa-kawagoe.jp)やFAX、窓口でも承っております。 
※受講料は当日会場にて現金でお支払いください。



講師プロフィール
高橋達二(東京電機大学准教授・ドワンゴ人工知能研究所 協力研究員)
1978年秋田県生まれ。東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系(知能情報デザインコース)准教授。ドワンゴ人工知能研究所協力研究員。東京大学教養学部基礎科学科科学史・科学哲学科卒業。神戸大学自然科学研究科修了、博士(理学)。ロンドン大学バークベック校 訪問研究員、パリ高等研究実習院 (EPHE) 訪問研究員などを歴任。認識の外部を捉まえる、認知の柔軟さと創造性を可能な限り計算論的・経験的に研究するため、認知モデリングとその機械学習への応用とともに、心理実験も行う。人工知能学会、日本認知科学会などの会員。


・その他の事項については、「講座のお申し込みに関する注意事項」をご確認ください。

講座実施日 5月12日(日)
時間 14:00-16:00
会場 ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室1
回数 全1回
受講料 500円
定員 40名
  • 特別講演会 第一弾「人工知能には何ができないか -人間の歴史、哲学、心理から考える-」
  • PDFファイルをダウンロード

■講座についてのお問合せ
電話 049-249-1186
Mail entry@westa-kawagoe.jp
Mailでのお問合せは、講座名・お名前・ご連絡先をご明記ください。

NeCST All Rights Reserved.